関東と関西での美容院での違い

関東と関西での美容院での違い

美容室では、その人の個性や正確が
よく表れることがありますが、
こうした違いには、関東人や関西人の違いがある
ということが話題になったりします。

 

 

例えばこれは、関東ではシャンプ―をする時に、
多少、髪が痒かったり、洗うお湯が熱くても、
それを伝えることはありませんが、
しかし、関西では、そういう時にはどんどん
注文することがあるそうです。

 

関西では、美容院での質問が目的をもった会話として機能している
ということわかりますが、逆に関東地方では、社交辞令なんかがあり、それが形骸化していたりすることも影響しているのかもしれません。

 

こういう事が言える雰囲気があるかどうかということでもあるようなのですが、しかし、普通に考えてみると、痒い所があったり、
お湯が熱い場合は、それを言うのは当たり前のことでもありますね。

 

関東や関西には、それぞれいいものがありますが、
しかし、クレームをつけて、
何でも注文をするというような事がないようにしないと
いけないですね。

 

何でもかんでも言ったもの勝ちというのも、
少し品がないですし、また、ずうずうしくなり過ぎて
しまうのもないように注意しないといけないようです。

 

すすきの 美容室
すすきの「LaLaToo」ニューハーフショークラブ