美容室の始まり

美容室の始まり

平安時代から、美女の条件として必須のものであった髪は、現代でも女性の命であることは変わりがありません。時代の変遷によって、またそのときの階級制度によって、それぞれの定型の髪型がありました。

 

女性の髪をそのまま長く伸ばすことが普通だった時代、また髪の毛を結い上げて、その髪型の粋を競い合った時代など、髪型は、文化的、また人々の暮らしのスタイルを反映するものであったのです。主に長い鎖国の影響で、日本独自の文化が育まれてきた江戸時代につづき、髪や美容の歴史に大きな変化が現れたのが、明治時代のことでした。人々は洋装をするようになり、それに見合った巻き髪に憧れ、パーマネントなどを髪にあてるようになりました。

 

それから、どんどんパーマやカットは時代の流行とともに歩み、いまがあるわけです。今程自由に自分の髪型が決められる時代もありません。私たちはお洒落の部分ではかなり恵まれているようですね。ウイッグやエクステなども自由自在に使うことができます。